1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
2016_06
12
(Sun)15:00

オーストラリア旅行記6☆ライフスタイル。

さてスワンバレーから一旦お家の方に戻って・・・
キッズたちも一緒に、市内に向かいます(*^^*)

西オーストラリア最大の都市だけあって、わりと栄えております!

20160505DSC_1100.jpg

向かったのはキングスパーク。
ものすっごく!!広い公園です!!!

20160505DSC_1124.jpg

スワン川を見下ろす絶景。

20160505DSC_1127.jpg

さらにひろーい公園でサッカーしたり・・
(どな社長さんはカメラマンw)

20160505DSC_1132.jpg

不思議な木を見たり・・・

20160505DSC_1177.jpg

さすが南半球だからでしょうか?
ほとんど見たことのない植物がいっぱいあってワクワクします!

そのあとフェリー(渡し船的なw)に乗って、反対側の川岸に。
Y子さん曰く「超高級住宅地」だそうです(・∀・)

20160505DSC_1201.jpg
(ここはオフィス街)

ちょっとお散歩して、またフェリーに乗って帰ります。
フェリーからは、素敵なパースの夜景を見ることが出来るのです。

20160505DSC_1227.jpg

ライトアップも美しくて。

20160505DSC_1257.jpg

なんだか妙にダイナミックな橋を通り・・・

20160505DSC_1271.jpg

公園で、たっぷり遊んで・・・・ディナーに向かいました。

この日向かったのはインド料理系のお店です。
ヴィーガンでもOKなお店だったのですが、しっかり味がついていて、ヴィーガンとは思えない味でした。

20160505DSC_1834.jpg

そして、こちらのお店。
日本では考えられない「ドネーション」制なのです。
寄付制。ただでももちろん食べられるし、お金があれば払って食べる。
もちろん、食器は、こんな感じだしサービスもほぼなし。
でも、こういったお店が文化としてあるというのは、どな社長さんにとって。
すごく衝撃的でした。
もちろん、いわゆる「目安」の金額も書いてないあたりも、さすがだなぁと思いました。

もう1つ。実はY子さんのお嬢さんの1人はヴィーガンなのです。
どうしてなったのか理由を聞くとちゃんと答えられるし自分なりの研究データもあり。
そして家族も、その生き方を尊重しています。
食べ物に対して何が正しいのか?ということでは無く、自分の生き方をきちんと選ぶということについて。
家族であっても個々を尊重することについて。
日本人であるどな社長さんには、なかなかない概念だったので、すごく考えさせられました。


☆つづく☆
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック