1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
2016_10
07
(Fri)15:00

ワンコちゃんとクマちゃん。

どな社長さんの愛するズートピアがお家にやってきました(*^▽^*)
もう結構前の話ですが・・・w
何度見ても感動するので、とりあえずずっと流してます♪←子供のいる家かw

今回から初めて使ったのですがMovieNEX便利ですね(´艸`*)!
ダウンロードしとけばipadでどこでも観れる!!
なんと便利な世の中になったことか・・。
というわけで感動してはおりますが、
どな社長さんの個人的感想と映画オススメは下の方に書くとして・・・
まずは素晴らしいプルートさんのジャンプと!



ダッフィーにダンス教えてたら、ダッフィーに膝ちょこんされちゃった使者さんw

20160924DSC_1533.jpg

・・を貼ってから。
ただ言いたいだけの感想スタート♪

基本的に洋画については宣伝方法も・・・邦題も・・
あまり気にいらないことが多いのですが。
DVDのパッケージから伝わってくるものがあまりにも英語版と違ってですね。

日本版↓

201609064959241763334.jpg

英語版↓

201609062016-06-01_574f0d2537479_Zootopia-v1.jpg

基本的に日本版は、とにかくジュディ推し!!
ジュディが頑張るお話に仕立てられていて・・・
裏面に書いてあるのは「輝け!ワタシ!」というのからも、そのことがひしひしと・・伝わってきます。
どな社長さん的には、ジュディが頑張る話は、どうでも良い(・∀・)!
私が頑張れば世界は変わる!って言う考え方は、日本らしいというか・・・
今までから方向転換して作られた、この映画には似合わない気がするのです。
そんなことは現実社会では実現しないのだから・・って映画でも言ってるというのにw

そして日本版のパッケージを見て一番思ったのは。
誰かに合わせること。みんな同じことを何より重要視してるんだなぁ。。っと。
顔しか出さないから大きさも、みんな一緒。
(きれいな言い方をすれば)キャラの濃い登場人物は出さない。
他の考えの人がいると、たぶん輪を乱すっていう理由だと思うけど。
キリンが顕著だと思うのですが、
ジュディに合わせて首を出す日本版と、そのままの英語版。
キリンはキリンのままで良くて、ほかの人に合わせる必要はないのだから脚だけでよいのです。
大きさも考え方も趣向も、みんな違っても、この世界で暮らす同じ動物たちなのだっていう考えが私は好きです。
とりあえず「がんばれ!新米警官ジュディ!」とかいうくだらない邦題にならなかっただけ・・
まぁ、いいのだけどw

さて、ちょっとしたつながりでオススメ映画シリーズです(*^▽^*)
今日は「ニューヨーク 眺めの良い部屋売ります」です。

simgres.jpg

原題は「5 Flights Up」。 
当初は格安だったブルックリンに40年住んでる夫婦の話。
原題通り5階。エレベーターなし。の生活が辛くなって、
今では大人気となったブルックリンの、この部屋を売る。そんな数日の話です。

二人の夫婦の歴史を垣間見ながら・・・ほっこり観れる映画です。
観てお分かりの様に、彼らは人種の違う夫婦。
40年以上前のまだまだ差別の根強い中で結婚した二人。
劇中ではイスラム系の人によって、ブルックリン橋でテロの可能性があったと報道されて。
その報道と共にストーリーは進んでいきます。
「何十年経っても、人は・・・」と呟く主人公の言葉が忘れられません。
おしゃれなブルックリンの様子も楽しめる素敵な映画です。
ぜひ、秋の夜長にどうぞ(´艸`*)

☆おわり☆
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック